ここから本文です

看護師拉致、初公判で遺棄認める

12/6(木) 19:49配信

共同通信

 浜松市の女性看護師が車ごと連れ去られ、静岡県藤枝市の山中で遺体が見つかった事件で、営利目的略取や死体遺棄など四つの罪に問われた鈴木充被告(43)=名古屋市天白区=は6日、静岡地裁浜松支部(山田直之裁判長)の初公判で「間違いありません」と全ての起訴内容を認めた。

 冒頭陳述で検察側は、女性が連れ去られてから約10時間後の5月27日午前4時20分の時点で生存しており、その後、主導役とされる新潟県出身の男=自殺、当時(39)=が静岡県内で殺害したと指摘。女性の死亡後、鈴木被告は男とスコップ2本を使い、一緒に藤枝市内の山中に遺体を埋めたと述べた。

最終更新:12/6(木) 19:49
共同通信

あなたにおすすめの記事