ここから本文です

戸田恵梨香&大原櫻子が子どもを守るために奮闘 W主演作『あの日のオルガン』予告解禁

12/6(木) 8:00配信

オリコン

 女優・戸田恵梨香と歌手としても活躍する大原櫻子がW主演の映画『あの日のオルガン』(2019年2月22日公開)の本予告映像が6日、解禁された。また、主題歌にアン・サリーが歌う「満月の夕(2018ver.)」に決定したことも明らかになった。

【動画】映画『あの日のオルガン』本予告映像

 同作は、太平洋戦争末期、日本初の保育園を疎開させることに挑んだ保母たちの実話が描かれている。保母たちのリーダーで責任感の強い板倉楓を戸田、もう一人の主役で保母の野々宮光枝を大原が演じる。また、林家正蔵、夏川結衣、田中直樹、橋爪功ら俳優陣が脇を固める。

 物語の始まりは1944年、戸越保育所の板倉は園児たちを空襲から守るため、疎開先を探していた。しかし、ようやく見つけた疎開先は古びた荒れた寺だった。幼い子どもたちとの生活は問題が山積みだったが、地元の世話役の協力も得て、オルガンを奏でて、みんなを元気づけながら戦争の終わりを待っていた。そんな願いもよそに、45年3月10日、東京大空襲があり、疎開先にも戦争の影が迫ってきた。自分のことで精一杯だった時代、彼女たちを突き動かしたものとは一体何だったのか?知られざるヒロインたちの感動の実話となっている。

 解禁された本予告映像では、リーダーとして振る舞いながらも「もう疲れたんです…」とうなだれた様子を見せる戸田、一方で童謡「この道」を口ずさむ大原など、戦争が目の前に迫りくる中で、懸命に子どもたちを守るために奮闘する保母たちの姿が映し出されている。

 また、アン・サリーのコメントも到着。「有史以来、戦争や自然災害、老い、病、死など繰り返される苦しみは絶えることがありません。しかし、荒れ野の中でも力強く芽吹く草花があるように、口を衝いてどうしても歌わずにはいられないうたがありました。『満月の夕』は、多くの人々の再生への支えとなっていることを、歌うたびに実感しています」と話している。

最終更新:12/11(火) 0:25
オリコン

あなたにおすすめの記事