ここから本文です

東名で事故後もあおり運転 弁護側「東名事故後でがまんしていた」

12/6(木) 11:13配信

産経新聞

 神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、あおり運転を受けて停車させられた夫婦が追突され死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた建設作業員、石橋和歩(かずほ)被告(26)に対する裁判員裁判の第4回公判が6日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)で開かれた。

【図で見る】あおり運転繰り返し…事故当時の状況

 この日は、石橋被告が東名高速で死亡事故を誘発した後の同年8月に山口市内で起こした強要未遂事件などの審理が行われ、弁護側は「降車させる意思はなかった」などとして争う姿勢を示した。

 検察側は冒頭陳述で「追い抜かれたことに腹を立て文句を言おうとして無理やり後続車を停車させた」と指摘。「運転席側の窓ガラスをたたきながら『降りてこいちゃ』と降車を要求した」と主張した。

 弁護側は「文句は言ったが降車の要求はしていない」と主張。「東名での事故もあり石橋被告はがまんをしていたが、クラクションを鳴らされたりしたため、がまんの限界に達した」と述べた。

 一方、弁護側は石橋被告が同年5月に山口県下関市内で起こした器物損壊事件については「争わない」とした。

最終更新:12/10(月) 18:41
産経新聞

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ