ここから本文です

ロート製薬の給料はどのくらいか

2018/12/6(木) 8:00配信

LIMO

シリーズでお伝えしている「企業年収給与研究」。最新の有価証券報告書をもとに注目企業の従業員の年収・給与や従業員数を見ていきましょう。今回は世界首位の目薬メーカーであるロート製薬です。

ロート製薬の平均年間給与はいくらか

ロート製薬(提出会社)の2018年3月31日時点での平均年間給与は 747.3万円と700万円を超えています。また、従業員の平均年齢は40.3歳となっており若干ですが40歳を上回っています。平均勤続年数は12.6年となっています。

ロート製薬の従業員数は何人か

有価証券報告書の提出会社(単体)の従業員数は2018年3月31日時点で1400名。単体で1000人以上の従業員数がいます。単体のセグメント別従業員数は以下の通りです。

 ・日本:1400名
また、連結の従業員数は6448名。セグメントごとの内訳は以下の通りです。

 ・日本:2069名
 ・アメリカ:400名
 ・ヨーロッパ:350名
 ・アジア:3584名
 ・その他:45名

過去5年の業績動向

ロート製薬(連結)の業績推移についても見ておきましょう。

まず、売上高ですが、過去5年をみると概ね増収傾向が続いています。2017年3月期には一時的に減収となっていますが、2014年3月期に1438億円であった水準が、2018年3月期には売上高は1717億円となっています。

また、経常利益については足元回復傾向となっています。2014年3月期には171億円の水準であったものが、2018年3月期には188億円にまで増加しています。

投資家が重視する「ボトムライン」でもある親会社株主に帰属する当期純利益は80億円から100億円台で推移しています。2014年3月期には89億円あったものが、2018年3月期には92億円となっています。

今後の注目点

ロート製薬は、「人生100年時代」の到来を見据え、心と体の両面がいつまでも健康な状態であること、つまり健康寿命の伸長に対して広く貢献するための事業を推進しています。

また 、中長期的な経営戦略と対処すべき課題として、以下の課題に取り組んでいます。

「既存事業」については新たなニーズに対応した高付加価値品の開発や新ブランドの育成に努めていきます。

また、「将来の事業戦略」としては、将来における事業の柱にすることを目指し、「食」や「再生医療」事業への取り組みも引き続き積極的に進めています。

さらに 「ESG経営への対応」としては、事業活動を通して「社会の公器」としての企業価値向上と、持続可能な社会の発展に向けた取り組みを推進していきます。

今後、上記のような取り組みを通じて、どのように業績に反映させていけるのかに注目です。

1/2ページ

最終更新:2018/12/6(木) 8:00
LIMO

あなたにおすすめの記事