ここから本文です

「迷惑なのはわかっていた」名古屋の都心で「スケボー」 4人を書類送検

12/6(木) 18:50配信

CBCテレビ

CBCテレビ

 名古屋市中区栄の繁華街で、人通りの多い歩道をスケートボードで走行したとして、21歳の男性4人が書類送検されました。

 2020年の東京オリンピックから正式種目となり、いま人気が高まっているスケートボード。

 「名古屋市中区栄の久屋大通です。
 日中はもちろん、夜も人の行き来がありますが、この場所でスケートボードで走行したとして、男性4人が書類送検されました」
  (小川記者)

 道路交通法違反の疑いで書類送検されたのは、名古屋市や愛知県犬山市住むいずれも21歳の男性4人です。

 警察によりますと、4人は、11月15日の夜、名古屋市中区の久屋大通の歩道をスケートボードに乗って走った疑いが持たれています。

 道路交通法では、人や車の行き来の多い時間帯に、スケートボードで歩道や車道を走ることは、禁止されています。

 「4人は、一度警察から警告を受けましたが、1時間後に警察がこの場所に戻ってくると、再び走行していたため、検挙となりました」
  (小川記者)

 4人が検挙された時間は、夜11時20分ごろ。

 警察は、この時間帯、人や車の行き来が多く危険だと判断したのです。

 「午後8時や9時に(見たことがある)。
 交通をふさいでいたので歩きづらかった」
  (目撃者)

 栄周辺では、スケートボードに関する苦情などの通報が、今年およそ50件寄せられ、愛知県警が警戒を強めていました。

 4人は、警察の調べに対し、「人の迷惑になるのはわかっていたが、楽しみたかった」などと容疑を認めているということです。

最終更新:12/11(火) 16:59
CBCテレビ

あなたにおすすめの記事