ここから本文です

フィギュアGPファイナル、日本勢勝利のカギは…織田信成氏が展望を語る

12/6(木) 11:33配信

テレ朝POST

フィギュアスケートの『グランプリ(GP)ファイナル』が、いよいよ明日12月7日(金)開幕する。

『GPファイナル』はオリンピック、世界選手権と並ぶフィギュアスケートの3大大会。GPシリーズの成績上位6名のみが参加できる。

男子は 、GPシリーズ 2連勝で出場を決めた宇野昌磨が『GPファイナル』初優勝を狙う。

対するは、同じく今季GPシリーズ2連勝のネイサン・チェン。昨年の『GPファイナル』では、ネイサンがわずか0.5点差で優勝を飾り、宇野が銀メダルと“僅差”のし烈な戦いだった。

女子は、日本人初のGPシリーズデビュー戦から2連勝でファイナル進出を決めた紀平梨花、平昌五輪代表の宮原知子、坂本花織の3名が出場予定。

対するは、強力なロシア勢だ。平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ、元世界女王で“トリプルアクセル”を武器にするエリザベータ・トゥクタミシェワ、ロシアの新世代で今シーズンシニアデビューしたソフィア・サモドゥロワが、日本勢の前に立ちはだかる。

そんな世界のトップ6だけが出場を許される世界最高峰の頂上決戦について、テレビ朝日解説の織田信成氏が、展望を語った。

宇野とネイサン・チェンの“4回転対決”に注目

――『GPファイナル』男子の見どころは?

織田:宇野選手が優勝できるかというところに、一番注目しています。

昨シーズンは僅差で2位と、本人としてもすごく悔しかったと思うので、今シーズンは『GPファイナル』を制してほしいなと思っています。

ただ、そこにはチェン選手もいますので、2人の“4回転対決”が一番の注目ポイントかなと思っています。

――宇野選手とネイサン・チェン選手の対決で、勝負を分けそうなポイントは?

織田:今シーズンは“出来栄え点”の幅が11段階に増えたので、4回転だけではなく、他のジャンプもクリーンに決めるというところがすごく重要だなと思っています。

後は、回転不足の判定も厳しくなって、宇野選手やチェン選手が4回転ジャンプで回転不足をとられることもあったので、そういった意味でも回転不足なく、“出来栄え点”をより多くとった方が勝つのではないかと思います。

――宇野選手は本番で「4回転を回りすぎてしまう」と自身の課題を挙げていましたが、どう思われますか?

織田:恐らく、跳びあがるときに回転をかけすぎて、空中でコントロールできずに着氷してしまうのかなと思います。

本番だと、跳びあがる前に「跳ぶぞ!」と力が入りすぎているかもしれないので、リラックスして肩の力を抜いて、自信を持っていけば大丈夫なのではないかと思います。

――織田さん自身も『GPファイナル』を経験していますが、どんな雰囲気ですか?

織田:僕は好きな大会の一つで、選ばれた6人しか出ることのできない大会なので、特別な感じが楽しいなと思いながら、いつも試合に出場していました。

ただ、GPシリーズで優勝したり、表彰台に立ったりした選手しかいないので、その中で自分がどういう演技をするかというところに集中していかないといけないなと思いました。

――男子の出場選手は最年少が17歳、最年長が31歳と年齢層が幅広いですが、それぞれ魅力はどこにありますか?

織田:若手であれば、やはり勢いやフレッシュさですね。

ベテランは怪我など紆余曲折を経て、今も頑張っているというファンの方が応援したくなるバックグラウンドがあると思います。

あとは、円熟味のある演技です。今まで色んな曲を演じてきているので、自分の魅力の出し方を分かっていると思います。

ベテランは若手と比べると体力があるわけではないので、「頑張れ!いけ!」という応援がしたくなるのも魅力かなと思っています。

――宇野選手とネイサン・チェン選手以外で注目している男子選手はいますか?

織田:キーガン・メッシング選手ですね。彼のジャンプは高さがあって、スピードもものすごくあって好きです。

GPシリーズ2戦は、4回転ルッツを決めきれていないので、4回転ルッツを跳んだプログラムを見たいなと思っています。

1/2ページ

最終更新:12/6(木) 11:33
テレ朝POST

あなたにおすすめの記事