ここから本文です

写真で振り返る、ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の人生と彼が残したレガシー

12/6(木) 20:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

アメリカの第41代大統領ジョージ・H・W・ブッシュが、94歳で亡くなった。

ブッシュは数十年にわたる政治キャリアを通じて、大統領としてだけでなく、愛すべき父親そして夫としての財産も残した。

【全写真】写真で振り返る、ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の人生と彼が残したレガシー

「ジョージ・H・W・ブッシュは優れた人格者で、息子や娘が望み得る限り最高の父親でした」と、元大統領で息子のジョージ・W・ブッシュは声明の中で述べている。

国葬は5日(現地時間)、ワシントン大聖堂で行われる。その前に、ジョージ・H・W・ブッシュの人生と彼が残したレガシーを写真で振り返ろう。

(敬称略)

(※全写真は記事上部のリンクから)

ジョージ・H・W・ブッシュは1924年、マサチューセッツ州ミルトンで生まれた。5人兄弟のうちの2番目だ。

コネチカット州グリニッジで育ち、マサチューセッツ州アンドーバーにあるフィリップス・アカデミーを卒業した。

1942年6月12日には海軍に志願し、第二次世界大戦にパイロットとして参加した。

18歳で、アメリカの最年少パイロット(当時)に任命された。

58回のミッションの中で、ブッシュの乗った戦闘機は旧日本軍によって撃墜されたことも。パラシュートで脱出する前に爆撃を成功させ、米軍の潜水艦に助けられた。

1945年まで海軍で働き、同じ年にバーバラ・ピアースと結婚した。

バーバラはのちに自身の孫であるジェンナ・ブッシュに「彼はとても美しくて、息もできないくらいだった」と語った。

2人の結婚生活は、2018年4月にバーバラが亡くなるまで、73年間に及んだ。歴代大統領の中で最長だ。

2人は6人の子どもを授かった。最初の子どもがのちに第43代大統領となるジョージ・W・ブッシュだ。ロビン、ジェブ、ニール、マービン、ドロシーがこれに続いた。

バーバラとの結婚後、ブッシュはイエール大学に進学し、経済学を学んだ。大学では、野球チームのキャプテンも務めた。

卒業後、テキサス州に引っ越したブッシュは1964年に政界に進出するまで、石油業界で働いた。

1/3ページ

最終更新:12/6(木) 20:10
BUSINESS INSIDER JAPAN

あなたにおすすめの記事