ここから本文です

日韓合同グループ・IZ*ONE、日本の音楽番組に初出演「かわいい」ネット沸く

12/6(木) 0:07配信

MusicVoice

 日韓合同ガールズグループの「IZ*ONE」が、5日放送のフジテレビ系『2018 FNS歌謡祭』に出演。日本の音楽番組への出演は今回が初めてとなり、ネット上で話題を広げている。

 IZ*ONEは韓国のオーディション番組『PRODUCE 48』の合格者12人で構成される日韓合同ガールズグループ。デビューからまだ1カ月ほどで、日本からはHKT48宮脇咲良、HKT48矢吹奈子、AKB48本田仁美が参加している。

 この日の放送では、最終投票で1位になった14歳のチャン・ウォニョンを最も注目と紹介。日本のグループから宮脇、矢吹、本田も選抜に入っていることを伝えた。IZ*ONEは、宮脇らも加わったAKB48の「NO WAY MAN」のパフォーマンスに続く形でステージに登場した。

 IZ*ONEは、白をベースとした衣装を着用し、可憐な雰囲気を漂わせながら、身体の動きに上品さを感じさせる華麗なパフォーマンスを披露。センターポジションにはチャン・ウォニョンらが順番で立ちながら、全編韓国語の楽曲「La Vie en Rose」をキュートかつ妖艶に歌唱した。

 この放送には視聴者も大きく反応し、ネット上にはIZ*ONEに関するコメントが続々と投稿された。

 ツイッター上では「初めて見たけど良かった」「かわいかったぁ~」「かっこよすぎてため息」「14歳の子いてビックリした笑」などと初見の人も多かったようだが、好評裡に受け止められた。

 さらに、「チェウォンちゃんが天使」「ウォニョンえぐかわい」「なこチャン 可愛かった まじ 天使」「咲良の気迫を感じる表情に、日本での初披露への意気込みを感じた」「本田仁美ちゃん。。。好きだわ」「私はイェナがすき」などと、それぞれの“推し”のパフォーマンスに心をときめかしている。

 また、来週放送される「FNS歌謡祭」の第2夜では、秋元康氏のスペシャルプロジェクトとして、AKB48、乃木坂46、欅坂46、そしてIZ*ONEの4組がパフォーマンスすることも告知。秋元氏がこのために書き下ろしたという平成最後のアイドルソングを披露することを伝えた。

 これにもファンは熱狂の声を挙げ、「IZONEともコラボするんかすげえ」「ヤバイ 乃木坂、欅坂、AKB、IZONEコラボは最高すぎる」「合同でのパフォーマンスをやるのは、激アツだな」などと期待するコメントも多く寄せられている。

最終更新:12/6(木) 0:07
MusicVoice

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ