ここから本文です

過去最大の7兆円買収決めた武田薬品 ウェバー社長が単独インタビューで語る「世界の業界の変化、日本は乗り遅れた」

12/6(木) 12:00配信

GLOBE+

日本企業による過去最大のM&A(企業合併・買収)となる、アイルランドの製薬大手シャイア-の買収を決めた武田薬品工業。同社のフランス人社長、クリストフ・ウェバー氏にインタビューしました。
本社が日本にありながら、トップを含めて経営陣の大半が外国人、社内で英語が頻繁に飛び交う――。日本企業の中でも積極的にグローバル化を進める企業を、就任から4年たったウェバー氏は、どうかじ取りしていくのか。シャイア-買収や、世界の製薬業界の現状などについて聞きました。(聞き手・五十嵐大介)

世界の4割を占める米国市場を手に入れる

クリストフ・ウェバー(Christophe Weber) 1966年生まれ。フランスのドイツ国境に近いアルザス地方出身。医者の両親のもとで育ち、25歳で初めて外国に出た。オーストラリアの製薬会社で1年間勤務した後、英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)へ移籍。GSKで約20年間勤めた後、2014年6月に武田薬品社長に就任。シンガポール、ベルギーなど8カ国での勤務経験を持つ。妻と子ども2人の4人家族。

――シャイア-買収の手続きはうまくいっていますか?

状況はうまくいっていると言っていいでしょう。多くの国から買収の承認を得て、最後に残っていた欧州でも承認を得ることができました。株主の承認を得るため、株主総会を開く必要があります(*インタビューは12月5日の臨時株主総会前に実施。総会で買収が承認された)。

我々はすでにシャイア-との統合の準備を進めています。もちろん買収で忙しくはなっていますが、それでも本業に集中し、いい業績も出せています。

――なぜ今回の買収は必要だったのですか?

シャイア-の買収は、我々の会社に勢いを与え、競争力を高めることができると信じています。研究開発のための、より力強い投資を維持することができるからです。

武田は年間約3000億円を研究開発に費やしています。シャイア-の買収で、グローバル市場、特に米国市場での大きな規模を手にすることができます。今回の買収はとても大規模で複雑なものですが、理にかなっていると思っています。

1/2ページ

最終更新:12/6(木) 12:00
GLOBE+

あなたにおすすめの記事