ここから本文です

対中貿易をめぐる米政権内の構図

12/6(木) 15:55配信

時事通信

 【ワシントン時事】トランプ米政権は、知的財産権の侵害問題などに関する対中協議の交渉期限を来年2月末とする意向を表明した。対中強硬派の急先鋒(せんぽう)であるライトハイザー通商代表部(USTR)代表が責任者に就いた。これまでの協議はムニューシン財務長官ら対中融和派が主導してきたが、強硬派が巻き返した格好だ。

最終更新:12/6(木) 15:55
時事通信

あなたにおすすめの記事