ここから本文です

超ヘルシー! 鳥刺しや刺身に合う意外な”つま”とは?

2018/12/6(木) 13:00配信

テレ東プラス

観光スポットや地元の駅前、商店街など、芸能人や番組スタッフが様々な場所へ旅をしながら、その土地ならではのお昼ご飯や人気店、魅力的なご飯を紹介!

今回は、『西郷どん』で盛り上がる鹿児島県・霧島市で昼めし旅。鹿児島の名物グルメといえば黒豚のしゃぶしゃぶ。沖縄から鹿児島へと入ってきた黒豚は、お肉が柔らかく、甘みがあってさっぱりとした味わい。鹿児島県民の誇り、西郷隆盛も食べていたそう! そんな霧島市で、番組ADがご飯調査します。

鹿児島県ならではのいも天ぷら“ガネ“

町を歩いていると、自宅と理容室が隣接した「ヘアーサロン プリンス」を発見。家族で経営しており、美容師のお母様・まり子さんからお店を引き継いだ姉のゆかりさんと妹のさやかさんがお店を営業しています。早速、例のお願いを...。

「あなたのご飯、見せてくださ~い」

無事、交渉成立! お仕事中にも関わらず、ありがとうございます。

ちょうどまり子さんが調理中でした。
カニにそっくりな天ぷら“ガネ“を作るということですが...。
1.衣に砂糖と塩を入れて(味噌を入れる場合も)、ミョウガとショウガも加える。
2.さつまいもと玉ねぎとカボチャを切り、衣をつける。
3.油で揚げる。

ガネは鹿児島弁でカニの意味。このさつまいもの天ぷら、揚げた状態がカニに似ていることから、そう付けられたようです。

続いて、トイモガラという蓮いもの茎を使って、刺身のつまを作ります。

ふつうはつまといえば大根ですが、鹿児島ではこのトイモガラの茎を切ったものをつまにすることが多いそう。

つまの上には、お客さんからの頂いた3種類の鳥刺しをのせます。鳥のうまみがダイレクトに味わえ、徳永家ではよく食卓にのぼるそう。

さらに、カボチャ・サトイモ・ニラ・ネギ・しいたけ・油揚げと野菜がたっぷり入った豚汁も並びました。徳永家では米味噌を使用しているため、甘みが強いのが特徴。

こちらが、徳永家のお昼ご飯。鹿児島県の郷土料理や秋の味覚もたっぷりと入った、豪華な食卓になりました。

お父様を亡くし、母・まり子さんを支えるため理容師の資格をとったというゆかりさんとさやかさん。2人とも天職といえるくらい理容室での仕事が楽しいそうで、さやかさんも「父に感謝」と話します。これからも親子3人でお店を守り続けてくださいね。

1/2ページ

最終更新:2018/12/6(木) 13:00
テレ東プラス

あなたにおすすめの記事