ここから本文です

北日本は7日(金)から荒天 週末は全国的に寒い

2018/12/6(木) 11:55配信

ウェザーマップ

 きょう6日は全国的に雨や雪で、東北や関東を中心にきのうより大幅に気温が低くなりそうだ。あす7日(金)日中は東日本や東北で、いったん気温が平年を上回るが、西日本は寒気の流れ込みにより風が冷たくなりそうだ。週末にかけては、全国的に真冬並みの寒さが予想される。

北日本は暴風にも警戒

 7日は日本海の低気圧が発達しながら北日本へ接近・通過する見込み。低気圧は、8日(土)には千島近海でさらにに発達し、北日本を中心に冬型の気圧配置が強まる予想だ。東北の日本海側や北海道の日本海側南部は、7日は暴風に警戒するとともに、高波にも注意が必要となる。7日夜~8日にかけては冬型の気圧配置が強まる影響で、北海道は日本海側を中心に猛ふぶきとなる所がある見込み。見通しが悪くなる地域や、吹きだまりとなる所もあるので、車の運転等は十分な注意が必要だ。

寒い週末

 7日に暖かさが残る関東や東海でも、8日(土)には他の地域と歩調を合わせるように気温が下がる見込み。8日は西日本の日本海側でも雪の降る所があり、山地を中心に積雪が予想されるため、路面の状況に注意が必要だ。真冬並みの寒さは9日(日)も続き、東京の最高気温は10℃の予想。太平洋側は週末に空気が乾燥するため、気温の低さと合わせて健康管理にも注意が必要となる。(気象予報士・高橋和也)

最終更新:2018/12/6(木) 11:55
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事