ここから本文です

簡単に盛れる写真が撮影可能? iPadをディスプレイに用いた撮影スタジオ「salsa」

12/6(木) 17:01配信

bouncy

パーティーなどの楽しい時間の空気感をそのまま残せるフォトスタジオ「salsa」。簡単操作でありながら、リングライトを用いた本格的な盛れる写真が残せそうだ。

「salsa」はKickstarterでクラウドファンディング中。2,499ドル(約28万円)から入手可能。

楽しい時間をそのまま切り取る?

「salsa」は簡単なタッチ操作で可愛く写真が撮れるフォトブースだ。撮影は写真だけでなく、動画やGIFなどにも対応。ライトを用いたものや、内蔵のエフェクトを合わせると全てで100種類以上になるとのこと。その場に合わせたエフェクトで、楽しく思い出が残せそうだ。

盛れた写真をどこでも撮影可能?

「salsa」は組み立てに必要な時間がたった60秒で、誰でも簡単にスタジオ設営が可能だ。クラブなどの暗い場所や、結婚式などのパーティー会場で場所を限定することなく、どこでも使用可能。

撮影したデータはその場でSMSやメールで受け取ることができる。

・ ・ ・

iPadを組み込むフォトブース「salsa」。イベントの環境は場所によってそれぞれなので、スマホの写真ではいまひとつうまく撮影できないことが多い。とはいっても、正直なところ購入の検討は難しいので、レンタルが始まれば積極的に借りてみたい。

Brandon Wong

Viibar.Inc

最終更新:12/6(木) 17:01
bouncy

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ