ここから本文です

中学生までの子供を持つ親であればもらえる【200万】の正体

12/6(木) 12:20配信

ファイナンシャルフィールド

中学生までの子どもを持つ親であれば、誰でも200万円がもらえる制度があることをご存知でしょうか。細かな要件はありますが、子どもが日本に住んでいれば、もらうことができます。

読者の皆さんの中でももらっている方は多いのではないでしょうか。

200万円の正体とは

それは、児童手当です。児童手当は中学卒業までの子を養育する親などに支給されます。支給額は、下記の通りです。

 3歳未満       月額15,000円
 3歳以上小学校修了前 月額10,000円(第3子以降は15,000円)
 中学生        一律月額10,000円

子どもが生まれてから中学卒業まで支給されますから、トータルするとその額は約200万円にもなります。

「約」がつくのは、支給がスタートされるのは、誕生月の翌月からであるのに対し、支給終了は中学卒業までであるため、4月生まれの子どもを持つ家庭のほうが、多く支給されるためです。

ちなみに支給額は、4月生まれは208万5千円、3月生まれは197万5千円です。このように約200万円が支給される児童手当は、子育てするにおいては、大変ありがたい存在です。

支給されるには申請が必要

児童手当は申請しないと支給されません。赤ちゃんが生まれた日や引越しをした日の翌日から15日以内にお住まいの市区町村に申請し、申請した月の翌月から支給されます。

しかし、月末に生まれた場合や月末に引越しした場合は、申請が翌月になってしまいがちです。このようなケースでは、引越しした日や生まれた日の翌日から15日以内であれば、申請月分から支給されます。

申請が遅れると遅れた月分の手当が受けられなくなりますから、早めに手続きをしておきましょう。

所得制限の内容と所得制限超の場合の対策

児童手当には所得制限があります。所得制限額以上の場合は、特例給付として子ども一人あたり月5,000円が支給されます。所得制限は、下記の通りです。

なお、所得制限は世帯所得ではありません。共働きの場合、所得の高い方が受給者となり、受給者の前年の所得が対象です。

所得が、制限額を若干超えてしまった。そのような場合は、確定拠出年金で所得を下げることができます。会社で企業型確定拠出年金が導入されていてマッチング拠出があるなら、それを利用することで所得を減らせます。

また、会社に確定拠出年金が導入されていなくても、iDeCoを始めることで所得を下げられます。

確定拠出年金は、掛け金に上限がありますから、所得を下げるにしても限界はありますが、所得制限額から超過している金額が数万円程度であれば、確定拠出年金で制限内の金額に収められる可能性があります。

1/2ページ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ