ここから本文です

景気減速も販売台数激増、中国国産高級車「紅旗」

12/6(木) 13:55配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【12月6日 AFP】今年は自動車販売が振るわない中国だが、あるブランドは大きな躍進を遂げた。政府や国営企業、愛国心あふれる国民の購買力に支えられ、国産高級車「紅旗(Hongqi)」が飛ぶ鳥を落とす勢いで売り上げを伸ばしている。

 紅旗は中国自動車大手の中国第一汽車集団公司(China FAW Group)が展開する高級車ブランドで、故毛沢東(Mao Zedong)主席も愛用したことで知られている。中国は米国との貿易戦争の真っただ中にあるが、習近平(Xi Jinping)国家主席が中国経済の「独立独行」を推し進める中、紅旗の人気が再燃しているという。

 紅旗はフロントにクロムグリル、ボンネットの先端に赤いストライプが描かれたエンブレムを配置した黒いセダンで、習主席や中国共産党幹部の専用車として利用されている。

 しかしここ最近、国営の航空会社や銀行、通信企業のほか、製鉄所までもが大金をはたいて紅旗を大量購入している。

 習主席は中国経済をさらに解放し、外国企業にも公平な競争条件を創出すると繰り返し明言しているものの、第一汽車は国営企業であり、政府は国を挙げて紅旗を支援している。

■「イメージに関わる問題」

 河南(Henan)省の営業責任者用に紅旗を購入した中国連合通信(チャイナ・ユニコム、China Unicom)の幹部は、「国営企業は国産車を使うべきだ」と主張し、「特に会社トップが車で会議に向かう時には、イメージに関わる問題になる。以前はトヨタ(Toyota)やヒュンダイ(Hyundai)しか使っていなかったが、紅旗に乗ればイメージは違ってくる」と述べた。

 習主席は2012年に中国共産党のトップである中央委員会総書記に就任した直後、党幹部らに「いつも外国車に乗っていると思われないように」と指示。中国では今年、景気減速を受けて自動車の総販売台数が数十年ぶりに前年比マイナスとなる見通しだが、紅旗の今年1~10月の販売台数は前年同期比662%増の2万3838台に激増したという。

 中国政府は外資系自動車メーカーが国内で生産合弁会社を運営する際の出資上限を現在の50%から引き上げるとしており、中国の自動車業界は大きな転換期を迎えようとしている。

 ただ、一方で市場の自由化は国営企業びいきをあおる可能性もある。習主席は自国の力による中国発展の必要性を訴えており、第一汽車のような国内企業を優遇する産業政策を推し進めている。

 また中国政府は化石燃料車の段階的廃止を推し進める一方、政府肝煎りの振興策「中国製造2025(Made in China 2025)」では国内の自動車メーカーに対し、2025年までに電気自動車市場シェアの80%を確保するよう求めている。

■「愛国心の象徴」

 晋察冀民族抗日研究会(Jin-Cha-Ji National Anti-Japanese Seminar)の袁沛野(Yuan Peiye)会長(54)は最近、2台目の紅旗を購入するため黒のアウディ(Audi)を下取りに出した。

 袁氏は紅旗を「愛国心の象徴」と表現し、「運転している時の気分はとても快適で、外国車を乗っている時のような不快感とは違い、非常に誇らしい気持ちになれる」と語った。

 映像は、北京の通りを走る紅旗。店で販売される同車。11月撮影。習国家主席を乗せて軍事パレードに登場した紅旗。9月撮影。(c)AFPBB News

最終更新:12/8(土) 20:12
AFPBB News

あなたにおすすめの記事