ここから本文です

アルミ新地金対日割増金、18%安で一部決着

12/6(木) 13:38配信

日刊産業新聞

 2019年1―3月期のアルミニウム新地金対日プレミアム(割増金)交渉は、前四半期より約18%安いトン85ドルで一部決着した。下落は3四半期連続で、直近安値を付けた16年10―12月期の75ドル以来となる低水準。ファンダメンタルズ(需給要因)が弱い中で、四半期プレミアムだけでなく年間の契約数量も決めていることから「買い手側が強気」(商社)しやすかったとみられる。

最終更新:12/6(木) 13:38
日刊産業新聞

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ