ここから本文です

2017年に株価高騰、大注目の「RIZAPグループ」各銘柄 大暴落した2018年はどうなったのか検証しました。

2018/12/6(木) 16:00配信

マネーの達人

2. イデアインターナショナル(3140)

インテリア雑貨や旅行用品などの企画、卸、小売りを行っている企業です。

インスタ映えするオシャレなデザインのホットプレートをご存じの方も多いのではないでしょうか。

前回ご紹介した2017/12/15(金)終値は1,075円でしたがその後も上昇、2018年6月末の権利確定前に1200円台をつけた後は緩やかに下落、11/29(木)終値は821円でした。

こちらの企業は現在の優待利回りが10%以上となり、株主優待で選べる商品もRIZAP傘下企業各社と比べると評判が良いので、優待目当てで買い支えられているのかもしれません。

■株主優待・配当

・ 権利確定月 6月末
・ 配当 4.0円/年
・ 配当利回り 0.49%

■株主優待

RIZAPグループ製品から希望の優待商品を贈呈

・ 100株以上 9000円相当
・ 200株以上 1万8000円相当
・ 400株以上 2万4000円相当
・ 600株以上 3万円相当
・ 1000株以上 3万6000円相当

3. SDエンターテイメント(4650)

北海道でゲーム、ボウリング場を、本州でフィットネス施設を運営している企業です。

前回ご紹介した2017/12/15(金)の終値は985円でしたが、2018年年初に1000円を超える場面はあったものの徐々に下落しました。

RIZAPグループの赤字転落のニュース前は700円台でしたが、発表後は一気に500円を割る場面もあり、11/29(木)終値は510円でした。

ここ1年で半値近くにまで値下がりしてしまいました。

■株主優待・配当

・ 権利確定月 3月末
・ 配当 3.4円/年
・ 配当利回り 0.67%

■株主優待

(1) 自社レジャー施設優待券、(2) RIZAPグループ製品のいずれか選択

・ 100株以上 (1) 8枚  (2) 6000円相当
・ 200株以上 (1) 16枚 (2) 1万2000円相当
・ 400株以上 (1) 32枚 (2) 2万4000円相当
・ 600株以上 (1) 40枚 (2) 3万円相当
・ 1000株以上 (1) 48枚 (2) 3万6000円相当

2/5ページ

最終更新:2018/12/7(金) 0:40
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事