ここから本文です

大宮で「キャバクラどうですか」…警官に声掛けた7人、容疑で逮捕 苦情多い大宮署などで一斉取り締まり

12/6(木) 23:30配信

埼玉新聞

 年末年始特別警戒取り締まりの一環で、埼玉県警保安課、生活安全総務課と大宮署などは5日、繁華街・歓楽街での不当な客引き行為に対する県下初の同日一斉取り締まりを実施。県迷惑行為防止条例違反の疑いで、男7人を現行犯逮捕し、6日発表した。

酒に酔って意識ない女性が路上に…暗がりでわいせつ行為 容疑の男逮捕 防犯カメラなどから特定/東松山署

 逮捕されたのは、さいたま市西区指扇、無職男(21)ら男7人。

 逮捕容疑は、5日、同市大宮区大門町の路上などで、警戒中の捜査員に対し、「キャバクラどうですか」などと声を掛けた疑い。6人は容疑を認め、1人は一部否認しているという。

 保安課によると、一斉取り締まりは年末年始に向けて繁華街・歓楽街の安全安心の確保することが目的。客引きの苦情が多く寄せられる大宮署など計10署管内で実施した。JR大宮駅東口の「南銀座通り」や西川口駅、南越谷駅、西武線所沢駅周辺などが対象となった。

 風俗店への勧誘だけではなく、所沢では居酒屋に連れて行こうと、約100メートルにわたって執ように客引きをしたとして、県内の私立大学2年の男(20)も逮捕された。

最終更新:12/6(木) 23:30
埼玉新聞

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ