ここから本文です

がんの「画像見落とし」はなぜ起きる? 放射線科医が語る“原因”

12/6(木) 19:00配信

FNN PRIME

健康診断で肺がんを見落とし女性死亡

東京・杉並にある河北健診クリニックが健康診断で肺がんを見落とし、今年6月に40代の女性が死亡した問題。

【画像】レントゲンとCT 病変の見え方はどう違う

女性は、このクリニックで2014年と2015年に受けた健康診断で、レントゲン写真(胸部X線検査)で右の肺に影があったにも関わらず異常なしと診断され、今年1月の肺がん検診でも異常なしと診断された。

見落としが発覚したあと、クリニックで同様の検診を受けて、精密検査の必要がないとされた人について再確認したところ、70代の男性2人が肺がんと診断されたほか、60代から70代の男女3人に肺がんの疑いがあることがわかった。

この他にも画像の見落としは起きていて、医療事故情報を収集している「日本医療機能評価機構」には、2015年1月~2018年3月までに37件の画像見落としが報告されているという。

なぜ、医療技術が進歩する中、レントゲンやCTなどの画像診断でがんの見落としが起きるのか?
また、最近ではAIによる画像診断の研究も進められているというが、実用化されれば見落としは減るのか?
「レントゲン写真とCTでは画像の見落としが起きる原因が異なる」と指摘する、東京・大田区にある荏原病院の放射線科部長、井田正博さんにお話を聞いた。

レントゲン写真には限界がある

――レントゲン写真の見落としが起きる原因は?

レントゲン写真は簡便で、検診に使うには非常に検出率も高く、有用な検査法です。

ただし、レントゲン写真では通常、正面と側面の2方向から撮像しますが、胸部は複雑な解剖を呈しており、肺のみではなく、心臓や大動脈、肺動脈、肺静脈、それから胸壁の肋骨(あばら骨)が重なって写るので、非常に小さい病変や、それら正常組織と重なる病変は、レントゲン写真では見つけられないことがあります。

肺がんも正常の骨や心臓肺血管と同じ「白色」として写るため、それら正常組織と重なると、レントゲン写真では、診断・検出できないことがあります。

一方、CT検査は、体の断面像を撮ること、そしてその1ミリ単位もしくは5ミリ単位で診断できるので、レントゲン写真よりも、早期肺がんなど微小の病変の検出に優れています。

現在では、肺がんの疑いがある患者さんでは、病院ではレントゲン写真で異常が見つかった場合、またレントゲン写真で異常が見つからなくても、肺がんの可能性が高い患者さんではCTによる精査が施行されます。
肺がんの確定診断にはCTは必須の検査法です。

CTではレントゲン写真よりもより鋭敏に早期の肺がんを検出することができますし、肺がん以外の小さい病変も検出できます。


――レントゲン写真には限界がある?

レントゲン写真のみでは検出できない肺がんがあることは事実です。

したがって、個人の健康状態をわかるのは本人です。
検診は一つの健康を守るための大きな手段でありますが、完全ではありません。

精査法であるCTでも、検出や診断が難しい症例もあります。

したがって日頃から自分の健康に気をつけて、少しでも症状があると思ったら、かかりつけの先生などに相談されることをおすすめします。

――限界があるなら、検診でも最初からCTで精査すればいいのでは?

そこで皆さんが疑問に思うのは、検診でも肺がんの検出や診断にCTを使ってはどうかということだと思います。

ところがCTの検査にはCT装置(コンピューター断層撮影装置)が必要です。
CT装置は高額医療機器のために、検診受診者全員に施行するためにはそれなりの費用がかかります。

病院でCT検査を受けると約2万円かかります。
ただし、皆さんは医療保険を使うので、窓口での支払いはおそらく5000円程度で済むと思います。

仮に検診でCTを使って、2万円かかるとして、地方自治体が負担をして、個人負担が5000円になったとします。

現在、レントゲン写真による検診は、自治体によってばらつきがありますが、500円程度で受けることができます。

すなわち夫婦2人で受けても1000円で済みます。
ところがCT検診を受けた場合、例えば2万円のうち、自治体が1万5000円負担して、個人負担が5000円とした場合、すべての人達が検診を受けられるでしょうか。

検診には「住民検診型」と「人間ドック型」があります。

住民検診型はすべての国民が平等に受けられることが必要です。一方、人間ドック型は受けたい人が受ける精査の方法になります。

したがって、もし、住民健診型で自己負担する費用が5000円になった場合、検診を受けたいけれども、その費用を考えると受けられない人が出てくる可能性があります。そうであってはいけません。

1/3ページ

最終更新:12/6(木) 19:00
FNN PRIME

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ