ここから本文です

住友鉱・住商、チリ銅鉱山の権益取得

12/6(木) 13:43配信

日刊産業新聞

 住友金属鉱山と住友商事は5日、チリのケブラダ・ブランカ(QB)銅鉱山の権益を取得すると発表した。住友鉱25%、住商5%の計30%を、一部開発費込みの計12億ドル(約1350億円)で取得する。最大出資者の加資源大手テック・リソーシズと硫化鉱鉱床を開発し、2021年から銅精鉱などを生産する計画。約47億ドルの投資額を予定する。

最終更新:12/6(木) 13:43
日刊産業新聞

あなたにおすすめの記事