ここから本文です

前広島ジャクソンに「MLB球団が興味」 米記者伝える、NPB球団と契約も?

12/6(木) 9:07配信

Full-Count

今季終了後に広島を自由契約に、米名物記者は「MLB球団から興味を引いている」

 広島から自由契約となったジェイ・ジャクソン投手に対して、メジャー球団が「興味」を持っていると米国の名物記者が報じた。さらに、日本球団からも関心を集めていると伝えている。

【写真集】これぞメジャー級の“美人妻”! MLB球宴前に行われたレッドカーペットの様子を特集

 スクープを連発することで知られる米メディア「ファンクレド・スポーツ」のジョン・ヘイマン記者は、自身のツイッターでジャクソンについてレポート。「過去3年間、日本で指折りの救援投手だった右腕のジェイ・ジャクソンが、MLB球団から興味を引いている」とした上で、広島時代の成績を紹介。「現在はレッドソックスに在籍し、2017年にカープで同僚であったライアン・ブレイシアを(当時は)上回る活躍をしていた」と続けた。

 ジャクソンは2016年に広島に加入。1年目から67試合に登板するなど、3年間で計175試合登板、10勝8敗92ホールド2セーブ、防御率2.10の好成績を残した。しかし、今季は48試合登板で3勝2敗25ホールド1セーブ、防御率2.76と過去2年よりは成績を落とし、シーズン終了後に自由契約となった。

 一方、昨シーズン、広島に在籍したブレイシアは26試合登板で2勝1敗2ホールド1セーブ、防御率3.00で1年間で退団。しかし、今季はレッドソックスとマイナー契約を結び、メジャー昇格を勝ち取ると、34試合登板で2勝0敗10ホールド、防御率1.60という圧倒的な成績をマーク。ポストシーズンでも活躍し、5年ぶりの世界一に大きく貢献した。ヘイマン氏は、そのブレイシアよりも日本ではジャクソンが上だったと伝えている。

 さらに、ヘイマン記者は最後に「また、日本球界復帰への関心も集めている」とも指摘。NPB球団と契約する可能性が残されているとも報じている。広島の3連覇にセットアッパーとして大きく貢献した右腕の新天地はどこになるだろうか。

Full-Count編集部

最終更新:12/6(木) 9:07
Full-Count

あなたにおすすめの記事