ここから本文です

外国人技能実習生、3年間で69人死亡か 自殺者も

12/6(木) 16:35配信

日刊スポーツ

外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案審議の過程で、過酷な労働実態が次々に明らかになっている技能実習生が、2015年から2017年までの3年で69人、死亡していると、6日の参院法務委員会で、立憲民主党の有田芳生氏が指摘した。

法務省の資料に基づいたものという。死亡原因は事故や凍死、溺死などで、溺死は7人、自殺者も6人いたという。有田氏は原因について追及したが、法務省側は「中身を把握していない」「今後調査する」と、不明瞭な答弁を繰り返した。有田氏は「この問題の総括なしに、新しい制度に移行することは絶対に認められない」と訴えた。

午後3時すぎからは、安倍晋三首相も出席して質疑が行われた。技能実習生の死亡問題について、見解を問われた首相は「亡くなった経緯は、今初めて聞いた。私は答えようがない」と述べるにとどめた。

その上で「今までの制度に問題がなかったとは、まったく思っていない。法案を通してもらえれば、省令でしっかり対応したい」と述べた。

最終更新:12/7(金) 22:13
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事