ここから本文です

佐山がキッド氏悼む「お互いにバチバチやりあった」

12/6(木) 20:19配信

日刊スポーツ

初代タイガーマスクの佐山サトル(61)が主宰するリアルジャパンプロレスの後楽園大会が6日行われ、5日に60歳で亡くなった好敵手ダイナマイト・キッドさんの追悼イベントを行った。第3試合後の休憩明けに、佐山がリングに上がり10カウントゴングが鳴らされた。

【写真】小林邦昭をリフティングするダイナマイト・キッド

キッドさんは、81年4月23日に蔵前国技館で行われた初代タイガーマスクのデビュー戦の相手となった。佐山は「最初の試合がダイナマイトで本当にラッキーだった。自分が技を受けた時に、1つ1つがすごい力で、お互いにバチバチやり合った。あそこまでできる人間はいないと思うくらいすごかった」と思い出を語った。初代タイガーの空中殺法と、キッドさんの激しいプロレスに、満員の館内は大歓声どころか静まり返った。「最初は、自分たちの試合が受けていないのかなと思っていたが、見たこともないプロレスに驚いているのだと分かった。それから、大試合はダイナマイトと看板カードになっていった」という。

初代タイガーマスクとキッドさんの試合はシングルで10試合ほど。すべて初代タイガーマスクが勝利している。佐山は、キッドさんの人柄について「根性があって好青年。レスラー仲間にとても人気があって、ボクがタイガーマスクになる前に、キッドの地元英国で戦っていた時には、『トミー・ザ・ダイナマイトが帰ってくる』とみんなが言っていて、いったいどんなレスラーなんだろうと思っていた」と懐かしそうに話していた。

最終更新:12/7(金) 21:10
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ