ここから本文です

無資格者の法律事務に「名義貸し」 弁護士らを在宅起訴

12/6(木) 23:41配信

関西テレビ

関西テレビ

弁護士資格がない事務員に、法律事務をさせたとして大阪地検特捜部が弁護士2人を含む3人を在宅起訴しました。

弁護士法違反の罪で在宅起訴されたのは、大阪市中央区のあゆみ共同法律事務所に所属していた弁護士2人と、コンサルタント会社「HIROKEN」の役員とされる男です。

男は弁護士資格がない従業員をあゆみ共同法律事務所に派遣して債務整理などを請け負い約250万円の報酬を得た罪に、弁護士2人はこの行為に名義を貸した罪に問われています。

HIROKENはホームページ上に借入額などを入力した利用者に対し、あゆみ共同法律事務所を紹介して広告料を得ていました。

特捜部は、3人の認否を明らかにしていませんが、捜査関係者によると、事件はHIROKENが主導していたとみられるいうことです。

関西テレビ

最終更新:12/6(木) 23:41
関西テレビ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ