ここから本文です

豚の心臓をヒヒに移植、195日間生命を維持

12/6(木) 10:19配信

CNN.co.jp

(CNN) 遺伝子操作した豚の心臓をヒヒに移植する異種移植手術で、心臓が195日間にわたって生命を維持し機能を保ったことがわかった。科学誌ネイチャーに5日、研究結果が発表された。これにより、動物の心臓を人間へと移植する可能性がまたひとつ高まった。

研究員は、今回の異種移植手術で195日間にわたって生命維持機能が保たれたことは異種心臓移植に向けた大きな一歩だと指摘。25年間にわたる研究でも、豚からの移植を受けたヒヒが生存したのは57日間にとどまり、事例もその1件だけだったという。

今回の研究は動物に限られており、遺伝子を操作した豚の心臓を人間に移植するにはさらなる研究が必要となる。

米食品医薬品局(FDA)は、異種移植手術について、潜在的に大きな恩恵を受けられる可能性があるとしながらも、認識されているものと認識されていないものの両方を含めた潜在的な感染症や、その感染症が周囲に伝染する可能性などが懸念されると指摘している。

心臓などの移植手術に臓器を提供するドナー(提供者)の数は、医学的な必要性を十分には満たせていないのが現状だ。直近のデータである2017年8月時点で、米国では男女や子ども11万4000人以上が移植待ちのリストに載っている。そして、移植を待つ人が毎日20人死亡しているという。

最終更新:12/6(木) 11:52
CNN.co.jp

あなたにおすすめの記事