ここから本文です

10代の「性の誤解」を打ち砕く NHK本気の性教育番組が反響

12/7(金) 7:00配信

J-CASTニュース

 「性にまつわる誤解を打ち砕く番組」――。真正面から「性」について考えた「ハートネットTV」(NHK Eテレ)の放送が、インターネット上で大きな反響を呼んでいる。

 番組では「教えて!性の神さま」をテーマに、若年層の悩みや疑問を、スタジオのタレント・ぺえさん、ゆきぽよさんらと共に考え、最後に専門家の知見を交えた答えを提示。「避妊はピルとコンドーム、どっちの方がいいのですか?」など直球のテーマが、真剣ながらも軽妙なトークで語られていく内容は、視聴者に衝撃を与えた。J-CASTニュースはNHKに放送の経緯について聞いた。

■「処女を卒業する時まったく痛くなかったんですよ」

 「今日はすごい収録になりそうね」。2018年12月3日放送の「ハートネットTV」は、ぺえさんのこんなセリフで始まった。10~20代の男女から寄せられた性に関する200の疑問から8問をピックアップし、それぞれについてスタジオトークしていく。

 1問目は「タンポンで処女膜は破れないのですか?」という疑問。ゆきぽよさんは

  「周りからは『すごく痛い、処女膜が破れて超痛い』と聞いていたんですけど、ゆき、処女を卒業する時まったく痛くなかったんですよ。だから、処女膜というものは存在しないと思うんです」

と実体験を交えて意見を述べていた。

 その後ナレーションで、「処女膜は膣の入り口にある、ひだのようなもの。膜が張っているのではなく、破れるようなものではありません。真ん中が2センチほど空いていて、タンポンはここを通るのです。処女であろうとなかろうと、女性に処女膜はずっとあるものなのです」という答えを、女性気のイラスト付きで示している。

 「カミングアウトしたいけど、気持ち悪く思われそうで親に言えません」というLGBTの悩みには、ぺえさんが自身の経験を明かした。

  「私も面と向かって親にカミングアウトできたのは3年前...2年前か。親に言う前にテレビで言っちゃったの。オンエアされる前に伝えたかったのね。迷惑かかるかもしれないから、ごめんねって伝えたかったんだけど...放送日を迎えちゃって。親が連絡くれて『よく言ったね、覚悟を決めたんだね。背中を押すよ』って言われて、心救われて」

 その上で「ある程度の覚悟を持ったうえでカミングアウトするのが、うまくいくやり方なのかなと思う」と自身の見解を示していた。番組では「カミングアウトはゴールではありません。そこから色々なことを乗り越えていく人生が続きます。カミングアウトしない選択肢もあります。心に秘めたままの人も大勢います」とナレーションが入っていた。

1/2ページ

最終更新:12/7(金) 7:00
J-CASTニュース

あなたにおすすめの記事