ここから本文です

悲痛 被害者の母「私の娘にも未来を…」女性保育士殺害 検察側は無期求刑 福岡県

12/7(金) 11:48配信

TNCテレビ西日本

テレビ西日本

強盗殺人未遂罪の刑期を終えた直後に福岡市で保育士の女性を殺害したとされる男の裁判で、検察が男に無期懲役を求刑しました。

冨士田清治被告は強盗殺人未遂の罪で10年以上服役し、刑期を終えた2016年10月、福岡市南区のアパートで保育士の肱岡綾音さんの胸を2回刃物で刺し、殺害するなどしたとされています。

7日の裁判員裁判では、まず被害者の母親が「犯人にやり直す力があるとか機会を与えるのなら私の娘にも未来を与えてください」と悲痛な胸の内を述べました。

その後、検察が被告人に対して「性的な目的や強盗目的で侵入し、被害者に騒がれるなどして殺害した」と指摘し無期懲役を求刑しました。

判決は19日に言い渡されます。

テレビ西日本

最終更新:12/7(金) 19:11
TNCテレビ西日本

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ