ここから本文です

「天声人語 2018年12月7日」

12/7(金) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 いくら酒好きでも、ここまで来ると常人の考えの及ばぬところであろう。関東大震災のグラグラッという揺れのなか、表へ飛び出したのは、落語家の五代目古今亭志ん生である。財布を手に酒屋へと向かった。割れたり焼けたりする前に売ってもらおうと▼「あたしの頭ン中に、ツツーッとひらめいたことは、まごまごしてるてえと東京から酒がみんななくなっちまうんじゃアなかろうかという心配です」。金はいらない、好きなだけお飲みなさいと酒屋の主(あるじ)も逃げてしまった(『びんぼう自慢』)▼なくなってしまう、と慌てて買いに走った方もいただろうか。…… 本文:619文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ