ここから本文です

映画『メタルギア ソリッド』のジョーダン・ボート=ロバーツ監督による『PUBG』の新短編映画が公開!

12/7(金) 10:12配信

IGN JAPAN

映画『メタルギア ソリッド』のジョーダン・ボート=ロバーツ監督による『PUBG』の新短編映画が公開!

映画『キングコング:髑髏島の巨神』と『メタルギアソリッド』のジョーダン・ボート=ロバーツ監督がメガホンを取った、『PlayerUnknown's Battlegrounds(以下、PUBG)』の実写版短編映画が公開された。
PUBGのTwitterで公開されたコラボは、12月7日に発売されるPS4版『PUBG』の発売を記念したもので、『キングコング:髑髏島の巨神』のジェイソン・ミッチェルと銃弾をも通さないフライパンが登場している。

「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」画像・動画ギャラリー

IGNのインタビューでボート=ロバーツが、「さらにインパクトを与える形で、ビデオゲームを実写化したくなった」と語っている。
「『キングコング:髑髏島の巨神』と『ストレイト・アウタ・コンプトン』のジェイソン・ミッチェルと、『キングス・オブ・サマー』や『ジュラシック・ワールド』、『Love, サイモン 17歳の告白』のニック・ロビンソンが出演しているから、自分の新旧の仕事が奇妙に結びついたものになった。『デッドプール』と『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』でスタント・コーディーネーターを務めたロブ・アロンゾがファイト・シーンを担当して、『オールド・ボーイ』と『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のチョン・ジョンフンが、そのシーンを撮影した。『オールド・ボーイ』の有名な廊下でのファイト・シーンをオマージュとして取り入れてクレイジーだったよ。ビデオゲームの実写版の世界で、アクションシーンを好きなように演出させてくれたし、さらにインパクトを与える形でビデオゲームの実写化したくなった」
この短編映画は、セガと任天堂の戦いを描いたブレイク・J・ハリスによる小説『セガ vs. 任天堂』のテレビシリーズ化が決定したわずか数日後にリリースされた。


2018年初旬にボート=ロバーツは、映画『メタルギアソリッド』の脚本の詳細を明かし、「自分のゴールは、ファンが何を求め期待しているかをうまく描き、本シリーズの数十年に渡る壮大かつ素晴らしいタイムラインの一部を、映画として成立させること」だとコメントしていた。
そして以前のインタビューで監督は、「もし自分が『ゼルダ』を映画化するなら、リンクは全編で話すべきではないと思う」といったことも語っていた。

Adam Bankhurst

最終更新:12/7(金) 11:12
IGN JAPAN

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ