ここから本文です

県民会館の建て替えはどうなる?…村井知事「移転新築を視野に検討」〈宮城〉

12/7(金) 19:05配信

仙台放送

仙台放送

宮城県の村井知事は県民会館の建て替えについて移転新築を視野に入れ具体的な検討を進める考えを示しました。県民会館を巡っては仙台市が同程度の規模のホールを整備検討していて、その必要性が問われています。

7日の県議会本会議で村井知事は、宮城県が行ったホールの需要調査の結果を明らかにした上で、県民会館について移転新築を視野に入れ検討を進める考えを示しました。

宮城県 村井 知事
「県民が利用しやすい中小規模のホールも不足しているということで、そういうホールも作る必要があるという結果が出た」

県民会館を巡っては仙台市が整備検討中の音楽ホールが、同程度の規模であることから、その必要性を疑問視する声があがっています。

宮城県 村井 知事
「2000席となると、現地で大規模改修は難しいと思います。移転新築も視野に入れながら具体的検討を進めていかなければならない」

また、6日、国で可決・成立した改正水道法について水道3事業の運営を民間企業に委託する検討を進める村井知事に対し、県議会から丁寧な説明を求める声が上がりました。

菅間進 議員
「野党が質問している内容にきちんと対して答えていない部分がある。現場で進めるうえで20年というスパンを考えるうえで、本当に慎重を期してやらなければならない」

県では今後、業者の募集内容について、詰めていきたいとしています。

仙台放送

最終更新:12/7(金) 19:05
仙台放送

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ