ここから本文です

ボッタスが不調だったのは運が悪かっただけだとミカ・サロ

12/7(金) 20:59配信

TopNews

バルテリ・ボッタス(メルセデス)が2018年F1シーズンに好成績を残せなかったのは、ただ運が悪かっただけだ。

そう主張するのは、ボッタスと同じフィンランド出身の元F1ドライバーであるミカ・サロだ。

2016年にF1チャンピオンとなったニコ・ロズベルグが突然のF1引退を表明したことで、ウィリアムズから引き抜かれる形で突然2017年にメルセデスで走ることになったボッタス。

その2017年シーズンには3勝をあげ、ドライバーズランキングもルイス・ハミルトン(メルセデス)、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)に次ぐ3位につけた。

ところが、メルセデスでの2年目シーズンとなった今年は、ボッタスはついに1勝もあげることができず、ランキングも5位に後退してしまった。

2019年もメルセデスとの契約を結んでいるボッタスだが、2020年にはメルセデス所属若手ドライバーであるエステバン・オコンにそのシートを奪われてしまうことになるだろうと予想しているF1関係者も少なくないようだ。

かつてティレル、フェラーリ、トヨタなどで活躍した実績を持つサロは、ボッタスについて母国フィンランドのテレビ局『MTV』に次のように語った。

「バルテリは、来年は完全にリセットして再スタートを切る以外にないね」

「今年はほとんどすべてが悪い方向へと向いてしまっていた」

「バクーは本当に運が悪かったよ」

レースをリードしながら、残り3周となったところでタイヤがバーストして勝利を逃す結果に終わった第4戦アゼルバイジャンGPでのボッタスに言及したサロは、あの不運さえなければ2018年F1シーズンの様相も違うものになっていたはずだと考えている。

「あのときあんなことが起きなければ彼が選手権をリードしていたはずだし、その後シーズンがどう展開していたかは誰にも分からないよ」

そう語ったサロは次のように付け加えた。

「バルテリが悪かったわけではなく、ちょっとした不運がたくさん重なってしまったんだ。だが、そうしたことが心理的にかなりのダメージを与えてしまったのは確かだね

最終更新:12/7(金) 20:59
TopNews

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ