ここから本文です

河本結は涙の敗戦 17番で痛恨のクラブ取り違え

12/7(金) 18:03配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内女子◇LPGA新人戦 加賀電子カップ 最終日(7日)◇グレートアイランド倶楽部(千葉)◇6513yd(パー72)

【画像】下部ツアーで勝ちまくった

「いい勝負していたんですけど、17番でクラブを間違えちゃって」。下部ツアーの賞金女王・河本結はプレー後、涙を流した。

同組の原英莉花とトップで並んで迎えた難関17番(パー3)、しっかりと振り抜いた河本の打球はピンに向かった。フィニッシュをつくり、まっすぐ視線を送ったが、ボールはグリーン奥のバンカーにキャリーで着弾した。「おかしい」とクラブヘッドを見ると、「ユーティリティの4番だと思って打ったクラブが3番だった」という。結局同ホールをボギーとし、バーディを決めた原との差は2打にひろがった。

気持ちはすぐに切り替えたはずだった。続く18番の2打目をピンそば1.5mにつけた原に対し、「バーディを取っても99%、負けが決まっていたんですけど、優勝したいという気持ちが強くて」と力が入り3パットボギーを喫した。「入れることしか考えていなくて、気持ちが整理できずに、過去を悔やんだまま打っちゃって」。連続ボギーで「71」とし、通算2アンダー5位でのフィニッシュ。「諦めるところでは諦めるというか、精神的に大人にならなきゃいけないな」と反省した。

終盤の後退を招いた痛恨のミスを「スイングのミスとかじゃなくて、やっちゃいけないミスをしちゃったというのが、やり場のない悔しさというか、これからは二度としないように気を付けたいと思います」と悔やんだ。下部ツアーの賞金女王となり、来季は第1回リランキングまでのレギュラーツアー出場権がある。「落ち着いて物事を見られるように成長したい。(今回のミスは)メッセージだと思って、来シーズンに向けて準備していきたいと思います」と真っ赤なリボンで髪を結いた20歳は懸命に顔を上げた。(千葉県長南町/柴田雄平)

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ