ここから本文です

都市計画区域拡大を説明 12日から市内9カ所―伊豆市 

12/7(金) 13:06配信

伊豆新聞

 ■正しい理解求める 新たな町づくりへ、「線引き」を廃止

 伊豆市は市全体の魅力・活力の向上、自然環境の保全、安全・安心・快適な住環境の創出を目指し、2020年度末までの都市計画区域の拡大を予定している。市民に計画を正しく理解してもらうため、12日を皮切りに市内9カ所で地元説明会を開く。

 同市は14年度から都市計画の見直しに着手。第1段階として昨年3月、修善寺地区(元修善寺町部分)の計画を大きく見直し、市街化区域と市街化調整区域を区分する「線引き」を廃止し、新たなまちづくりのルールを設定した。20年度末をめどに中伊豆、天城湯ケ島、土肥地区に都市計画区域を指定することを目指している。

 説明会は天城湯ケ島地区から始め、12日に天城湯ケ島コミュニティセンター、13日にふらっと月ケ瀬、18日に天城小体育館で開く。中伊豆地区は17日に小川公民館、19日に中伊豆支所、1月15日に冷川中央公民館、同16日に八岳集会場で開催。土肥地区は1月17日に土肥支所、同22日に八木沢シニアプラザで開く。

 時間はいずれも午後7時~8時半の予定。住んでいる地区以外の会場にも参加できる。問い合わせは同市都市計画課〈電0558(83)5206〉へ。

最終更新:12/7(金) 13:06
伊豆新聞

あなたにおすすめの記事