ここから本文です

日系航空会社運航のエアバス機、100機に ANAのA321neoが羽田到着

12/7(金) 18:40配信

Aviation Wire

 エアバスは日本時間12月7日、日系航空会社が運航するエアバス機が合計100機に達したと発表した。100機目となったのは全日本空輸(ANA/NH)のA321neo(登録番号JA140A)で、7日午後4時55分に羽田空港へ到着した。

【羽田に着陸するANAのA321neo】

 日本最初のエアバス機は、東亜国内航空(TDA、後に日本航空と合併)のA300B4で、1980年就航。退役機を含めると、これまでに160機以上を引き渡している。

 ANAは、A321neoを33機発注済みで、100機目の機体は同社へのA320neoファミリー納入では17機目。同社が現在運航しているA320ファミリーは、A320ceo(A320従来型)が5機、A320neoが7機、A321ceoが4機、A321neoが9機となっている。

 現在はANAのほか、5社がエアバス機を運航。スターフライヤー(SFJ/7G、9206)がA320ceoを12機、ピーチ・アビエーション(APJ/MM)がA320ceoを21機、ジェットスター・ジャパン(JJP/GK)がA320ceoを24機、バニラエア(VNL/JW)がA320ceoを15機、エアアジア・ジャパン(WAJ/DJ)がA320ceoを2機運航している。

 今後は、ANAが日本で初導入する総2階建ての超大型機A380の初号機が今月中旬にロールアウトする予定で、2019年3月に引き渡される見通し。また、同じく2019年に日本航空(JAL/JL、9201)が本邦初となるA350 XWBの初号機を受領する計画になっている。

 7日に羽田へ到着したA321neoは、現地時間6日午後7時にハンブルクのフィンケンヴェルダー空港をフェリーフライト(回航)のNH9400便として出発。途中ノボシビルスクで給油後、羽田のA滑走路(RWY34L)へ7日午後4時49分に着陸し、同55分にANAの格納庫前のスポット(駐機場)へ到着した。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:12/7(金) 18:40
Aviation Wire

あなたにおすすめの記事