ここから本文です

増える「住宅型」有料老人ホーム 低料金、介護は各自が外部と契約

12/7(金) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 入居者が相次いで亡くなった鹿児島県の高齢者施設「風の舞」は、「住宅型」の有料老人ホームでした。「住宅型」とは、どういった施設なのでしょうか。

 「国民年金の方でも安心の値段設定!」「寝たきりや認知症の方も入居可能」――。「住宅型有料老人ホーム」でインターネット検索すると、こんな誘い文句が躍る。
 有料老人ホームは食事、部屋の掃除などのサービスをいずれか一つ以上提供する施設。豪華な造りから質素なものまで幅広い。ホームのスタッフが介護保険サービスを提供する「介護付き」と異なり、「住宅型」は介護が必要になったら外部のサービスを入居者が自ら契約して使う。…… 本文:786文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ