ここから本文です

(スポーツTOPICS)パラ競技普及へ、ヒント細部に 専用体育館、高い稼働率

12/7(金) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 障害者スポーツ専用の体育館「日本財団パラアリーナ」(東京都品川区)が6月にオープンし、2020年東京パラリンピックをめざす選手の練習や競技の普及・啓発活動などで使われ、高い稼働率を見せている。施設のそこかしこに利用者へ配慮した工夫が盛り込まれ、草の根の障害者スポーツ普及へのヒントが詰まっている。
 日本財団パラリンピックサポートセンターが整備し、「船の科学館」敷地内に完成した。

 ■使いやすさ徹底
 障害者が使いやすい造りを徹底している。
 メインフロアはバスケットコート2面分。車いすバスケット、車いすラグビー、ボッチャのラインが既に引かれ、すぐ練習できる。…… 本文:1,306文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ