ここから本文です

<北海道>奨学金返済のため・・・消防署員が公金を横領

12/7(金) 22:05配信

HTB北海道テレビ放送

 石狩の新篠津消防署の、33歳の主査が、公金5万9千円を横領したとして、懲戒免職されました。
 主査は、「奨学金の返済のためだった」などと話しているという事です。
 石狩北部消防事務組合によりますと、新篠津消防署の33歳の主査は、昨年10月から、今年8月までの間に、3回にわたって、「夫人防災クラブ」の運営費、5万9千円を横領していました。
 主査は、このクラブの事務作業を担当していて、先月、上司が、通帳を確認した際、不正な金銭の出し入れに気づき、横領が発覚しました。
 横領の動機について、主査は「奨学金や、母親の借金の返済に充てた」と話しているという事です。
 主査は12月6日付で、懲戒免職処分になっていて、横領した5万9千円は、全額返済されています。

HTB北海道テレビ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ