ここから本文です

世界一周したのはマゼランではなかった!? 比の鬼才が35年かけて撮影「500年の航海」予告

12/7(金) 14:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] ジャンルを超えて活躍するフィリピンのアーティスト、キドラット・タヒミックが、9年ぶりに発表した長編映画「500年の航海」の予告編が公開された。

【動画】「500年の航海」予告編

 1980年代から35年以上にわたって撮影が続けられた本作は、1522年に人類史上初の世界一周を達成した航海家マゼランが実は旅の途中で命を落としており、実際に世界一周したのは同行して仕えていたマラッカ出身の奴隷エンリケであるという説をもとにしたドキュメンタリードラマ。

 当初はタヒミック監督自身がエンリケ役を演じていたが途中で交代、マゼラン役も代わるなど、映画の決まり事を超えたタヒミック監督らしい自由な作風。このほど公開された予告編でも、史実と虚構の壁を越えた伸びやかな映像表現を確認できる。

 「500年の航海」は2019年1月下旬からシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。キドラット・タヒミック特集も同時開催される。

最終更新:12/7(金) 14:00
映画.com

あなたにおすすめの記事