ここから本文です

<サッカー>FCソウルのイ・サンホ、飲酒運転で執行猶予…クラブ側「規定どおりの処罰へ」

2018/12/7(金) 11:03配信

WoW!Korea

Kリーグ・FCソウルが飲酒運転で摘発されたイ・サンホ(31、FW)を規定どおりに処罰するとの立場を明かした。

 ソウルは6日午後、報道資料を通して、「きょう報道されたイ・サンホの飲酒運転に関して、内容が事実であることを選手から確認した」と発表した。

 イ・サンホは今年9月、ソウル江南区(カンナムグ)大峙洞(テチドン)で飲酒後、運転し摘発された。当時、血中アルコール濃度は0.178%で免許取り消し水準だった。

 裁判部はイ・サンホがすべての容疑を認め反省している点を勘案し、懲役4か月・執行猶予2年を言い渡した。

 イ・サンホは摘発後も10月6日の全南ドラゴンズ戦に出場。その後、腰の負傷を理由にシーズン終了まで欠場した。

 ソウルは「イ・サンホの飲酒運転に関する内容は取材陣の問い合わせで知った。選手から事実を確認し、すぐに韓国プロサッカー連盟に報告した」と明らかにした。続けて「追加的な事実関係を確認し、規定と手続きどおりに処理する予定」と付け加えた。

最終更新:2018/12/7(金) 11:03
WoW!Korea

あなたにおすすめの記事