ここから本文です

【K-1】野杁正明が圧勝予告、山崎秀晃と安保瑠輝也は舌戦一歩も譲らず

12/7(金) 23:19配信

イーファイト

 12月8日(土)エディオンアリーナ大阪・第1競技場にて開催される『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~』の前日計量&記者会見が、7日(金)大阪府内にて13:00より行われた。

【フォト】安保の得意技は飛び二段蹴り

 第11試合のウェルター級スーパーファイト(ワンマッチ)で対戦する、第2代K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者の野杁正明(K-1 GYM EBISU FREE HAWK)は67.40kg、松岡力(K-1ジム五反田チームキングス)はウェルター級リミットちょうどの67.50kgでそれぞれ計量をクリアー。

 今回から本格的に一階級上げてのウェルター級侵攻作戦を開始する野杁。「いつも通り減量で声が出てないです」と減量がキツかったと言うが、「でもウェルター級に上げて体調もいいので明日をお楽しみに。僕は二階級制覇しか見ていないので、今回の試合は通過点。難なく乗り越えて二階級制覇へ向かいます。もちろん倒して勝つ。それも決まっていること。ただ倒すだけではなく、何もさせず完封して倒してレベルの差を見せたい。もちろん1RでKOです」と、“圧勝”を予告。

 松岡は「減量が終わってごはんを食べたら眠くなった。会見中にウトウトするかもしれないが勘弁してください」と言ってファンを笑わせ、「いつもより腹筋を多めにしてきました。倒されないように頑張ります。倒したいけれど自分は倒す技を持っていないので、野杁君はガードが固いので倒せるように頑張ります」と、ひょうひょうとしたコメントを残した。

 第12試合のスーパー・ライト級スーパーファイト(ワンマッチ))で対戦する、K-1 WORLD GP 2016 -65kg日本代表決定トーナメント優勝・山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と安保瑠輝也(team ALL-WIN)はともにリミットちょうどの65.0kgで計量をクリアー。

 山崎は「最高のチームと最高に質の高い練習が出来て、明日は素晴らしい試合を見せられる思う。最高のK-1を楽しんでもらえると思います。試合が決まってから瑠輝也選手の試合映像を見させてもらって、大変いい選手だと思っています。弱点や突くところはチームで考えて詰めて来ました。特に自分がやることは変わらないので、最高の試合をしようと思っています」と、“最高”という言葉を連発。

 そして「彼は若くて勢いがある。明日のリングではいいところを出し合ってバチバチのベストバウトを見せたい」と、激しい試合になることを予告した。

 対する安保は「階級を上げたけれどいつも通り減量がキツい。でもその分、身体が大きくなってパワーもアップしています。山崎選手はパンチが強いので、対策としてスパーをやってきました。パワーが付いたので倒せると思っています」と、こちらもKOに自信あり。

 山崎が「二段蹴りでKO出来ちゃったら面白いと思います」と、安保の得意技である二段蹴りでのKOもあるとすると、安保も「僕は今回、自分の弱点を潰す練習をしてきました。どの技でも絶対に倒せるように練習してきたので、掛け蹴りで倒してやろうと思います」と、負けじと山崎の得意技である掛け蹴りでKOすると返答した。

最終更新:12/7(金) 23:19
イーファイト

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ