ここから本文です

西武・熊代 現状維持の1000万円でサイン「モヤモヤ感は何もない」

2018/12/7(金) 14:17配信

東スポWeb

 西武で唯一契約を保留していた熊代聖人外野手(29)が7日、2度目の契約更改交渉に臨み、前回提示と同じ現状維持の1000万円で来季契約にサインした。

 2度目の交渉を終え前回提示額と同じ条件でサインをした熊代は「前回ある程度詰めて話して球団の思いも伝わっていますし、ボクの意見も聞き入れてもらってお互い納得できた中で契約できた。自分が思っていたことだったり、逆に(渡辺SDに)『モヤモヤを残している部分があったらダメだから全部言っていいんだぞ』と言ってもらいました。球団の評価はすごく伝わってきたし、モヤモヤ感は何もないですね」と晴れやかな表情。

「来季は本当にやるだけですし、いいところはそのまま継続して足りなかったところをしっかりやって一軍で今季以上に勝利に貢献できるようがんばりたい」と語った。

 最大の売りである“声出し”については「球団からもやはりムードメーカーというところは言われました。誰でもできるポジションではない」と来季以降も一軍にいる限り試合前訓示を続けていく構えだ。

 渡辺SDは「前回じっくり話しているんで今日はお互いに納得して判を押した感じです。(豪州組を除く全員との契約が完了し)これで来季も一緒に優勝を目指して戦えることでホッとしている」とコメントした。

(金額は推定)

最終更新:2018/12/7(金) 14:17
東スポWeb

あなたにおすすめの記事