ここから本文です

京都で「大根だき」 無病息災祈り

12/7(金) 11:20配信

毎日新聞

 二十四節気の一つ「大雪(たいせつ)」の7日、京都市上京区の千本釈迦堂(せんぼんしゃかどう)(大報恩寺)で、無病息災を祈る「大根(だいこ)だき」が始まった。8日まで。

 鎌倉時代の住職、慈禅(じぜん)上人が、釈迦が悟りを開いた12月8日に合わせて法要を行う際、大根の切り口に梵字(ぼんじ)を書いて供え、その後に炊き上げて魔除(まよ)けとし参詣者にふるまったのが始まりとされる。

 大根約5000本を使い、2日間で約1万食分を作る予定で、午前10時から午後4時まで1杯1000円で振る舞う。【川平愛】

最終更新:12/7(金) 11:47
毎日新聞

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい