ここから本文です

「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判

12/7(金) 11:28配信

毎日新聞

 神奈川県の東名高速であおり運転により停車させられた車がトラックに追突され夫婦が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)=福岡県中間市=に対する裁判員裁判の第5回公判が7日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)であり、被告の車に同乗していた元交際相手の女性への証人尋問があった。女性は「罪をつぐない、二度としないでほしい」と語った。

 死亡したのは静岡市清水区の萩山嘉久さん(当時45歳)と妻友香さん(同39歳)。検察側によると、被告は昨年6月5日夜、東名パーキングエリアで嘉久さんに注意され、夫婦や娘2人が乗る車を追跡。あおり運転で高速道路上に停車させ、そこに後続のトラックが衝突し、夫婦が死亡、娘2人もけがをした。

 同乗女性の証言によると、一家の車に向かっていく被告に、女性は「やめて、危ないから」と止めたが、反応はなかった。被告が嘉久さんにつかみかかると、子供の泣き声が聞こえた。女性が「子供がいるからやめて」と制止すると、暴行をやめた。証言を聞く中、被告はメガネを外し、目元をぬぐうような仕草をみせた。

 石橋被告は昨年10月に逮捕されたが、女性は「事故から逮捕までの数カ月間に(被告は)10回以上、交通トラブルを起こしていたと思う」と語った。【木下翔太郎、中村紬葵】

最終更新:12/7(金) 13:19
毎日新聞

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ