ここから本文です

<真野恵里菜>主演映画の初日に涙 「作品を作ることの大変さを改めて痛感」

12/7(金) 22:18配信

まんたんウェブ

 女優の真野恵里菜さんが7日、東京都内で行われた主演映画「青の帰り道」(藤井道人監督)の初日舞台あいさつに登場。真野さんは、紆余曲折を経て公開初日を迎えた心境を、「この作品は、作品を作ることの大変さを改めて痛感しましたし、主演だったから絶対に作りたいという思いがあった」と涙ぐみながら語った。

【写真特集】真野ちゃんが涙… 盛り上がったイベントの様子

 初日を迎えて感極まった様子の真野さんは、「朝からいろいろ考えていたのですが、まずは本当にうれしいなって思いでいっぱい。この作品がやっとみんなの元に届き始めるという実感がわいてきました」とにっこり。司会から先日の完成披露試写会での涙について聞かれ、「キャスト、スタッフ、各事務所の皆さんが協力してくださり、(戸塚)純貴くんは新たに加わってプレッシャーだったと思うけど、そういうのを見せずについてきてくれてすごくうれしかった。集まったときに出せる力というものを発揮できたと思うので、やりきった感があります」と声を震わせながらも力強く語った。

 また作品を通じて、「生きるのはつらいっていうのは常に当たり前で、その中で自分がどう乗り越えて成長していくか。起こったことは自分たちでしっかり受け止めてやっていきました。順風満帆にいっているように見えてもそうじゃない人ってたくさんいて、その中で強くなるし優しくなれるというのが作品にすごくあふれている」と実感したと真野さんは話し、「できれば『戻りたい』とか『もしあの時こうだったら』と考えなくて済む人生を歩んでほしいなと思います。これからは私たちが大事にしてきたものを皆さんに見ていただいて、(作品が)大きく羽ばたいていってくれたら」とメッセージを送った。

 映画は、高校時代を共に過ごした7人の若者たちの青春群像劇。東京と群馬県前橋市を舞台に、夢を追って上京した者と地元に残った者の人生が交錯し、未来へ進む姿を描く。出演俳優が逮捕されたことから、撮影が一時中断。代役に戸塚純貴さんを迎えて完成に至った。舞台あいさつには、真野さん、戸塚さんのほか、森永悠希さん、秋月三佳さん、冨田佳輔さん、藤井監督も登場した。

最終更新:12/7(金) 22:20
まんたんウェブ

あなたにおすすめの記事