ここから本文です

日本プロ野球選手会 国際試合の負担軽減を球団に要求

2018/12/7(金) 16:32配信

東スポWeb

 労働組合・日本プロ野球選手会は6日、大阪市内で定期大会を開き、2020年の東京五輪など来年から続く国際大会に出場する選手の負担軽減と補償を球団側に求めることを最重要課題にすると決議した。FAで巨人に移籍した炭谷選手会長は「過去にWBCに出た選手で減俸されたり、シーズン中にケガがあってWBC期間中なのか、もともとなのか判断できない事例もあり、そのまま選手生命が終わられた先輩もいる。強化試合も増えており国際試合も3つ(19年プレミア12、20年東京五輪、21年WBC)続く。安心して出られるように」と説明した。具体的な言及は避けたものの“公傷”を球団に認めてもらうルール作りが念頭にある。

 侍ジャパン常連の巨人・菅野副会長も「個人の意見」と前置きしながら「正直、つらい。注目度というか、そういうのをどう位置づけるかによって違うと思いますけど、強化試合に招集しないとか、いろいろ基準というか、そういう制度を細かいところまであいまいにしないで決めてほしい」と訴えた。

最終更新:2018/12/7(金) 16:36
東スポWeb

あなたにおすすめの記事