ここから本文です

「BLACKPINK」、YouTubeの2018アーティストに選定=“K-POPガールズグループ唯一”

12/7(金) 15:20配信

WoW!Korea

韓国ガールズグループ「BLACKPINK」がYouTube選定今年のアーティストに名を連ね、グローバルな影響力を立証した。

BLACKPINKのプロフィールと写真

 6日(現地時間)YouTubeは「YouTube Rewind 2018」を通じて、今年1年トレンドをリードした全世界アーティストに「BLACKPINK」を選定した。

 「YouTube Rewind」は毎年年末にYouTubeでトレンド決算のために行うプロジェクト。「BLACKPINK」はアリアナ・グランデやブルーノ・マーズ、ケンドリック・ラマーなどのグローバルスーパースターと共に名を連ねた。またK-POPガールズグループとして「BLACKPINK」が唯一選定され、K-POPを代表するガールズグループであることを立証した。

 YouTubeで「BLACKPINK」が収めた成果はK-POPガールズグループの中で圧倒的だ。今年6月に公開された「DDU-DU DDU-DU」MV(ミュージックビデオ)はたった162日で再生回数5億回を突破した。これで「BLACKPINK」はK-POPグループ全体を合わせて、歴代最短時間で5億回を突破した唯一無二のグループとなった。

 それだけでなく「BLACKPINK」はK-POP男女グループのなかで“4億回以上”の再生回数を記録したMVを最も多く保有中だ。「DDU-DU DDU-DU」MVを含め、「AS IF IT’S YOUR LAST」、「BOOMBAYAH」まで4億回を突破しており、“4億回以上”の再生回数を記録したMVだけで3つを保有している。

 これまで「BLACKPINK」はデビュー以来発表した「BOOMBAYAH」、「WHISTLE」、「火遊び」、「STAY」、「AS IF IT’S YOUR LAST」とJENNIEの「SOLO」まで制作された7つのMVすべてYouTubeで億台の再生回数を突破しており、すさまじい波及力を見せた。

 最近では「DDU-DU DDU-DU」、「AS IF IT’S YOUR LAST」に続き、「BOOMBAYAH」の振付け映像まで1億回を突破し、「BLACKPINK」はK-POP男女グループを通して、異例の再生回数が億台振付け映像3つを保有しており、並はずれたクラスを誇った。

最終更新:12/7(金) 15:20
WoW!Korea

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ