ここから本文です

サッカー=サウサンプトン新監督、守備の立て直しに意欲

12/7(金) 12:58配信

ロイター

[6日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、吉田麻也が所属するサウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル(51)新監督は6日、降格圏脱出に向けて、守備の立て直しを図ると意欲を示した。

サウサンプトンは今季、リーグ15試合を終えて1勝のみで勝ち点9の18位と降格圏に沈んでいる。クラブは3日にマーク・ヒューズ前監督を解任し、5日にオーストリア人のハッセンヒュッテル新監督の就任を発表。同新監督はドイツ1部ブンデスリーガのライプチヒを率いた2016─17シーズンにチームを2位に躍進させた実績を持つ。

初陣となるカーディフ戦を8日に控えるハッセンヒュッテル新監督は、記者会見で「タフだが恐れていない。私の目標は一刻も早く選手を向上させることで、それは早急に守備を安定させられるかということだ」と述べ、「まずは降格圏から脱出することが目標」と続けた。

最終更新:12/7(金) 12:58
ロイター

あなたにおすすめの記事