ここから本文です

「ハマの守護神」山崎康が1億円アップ メジャーへの夢は一時封印

12/7(金) 19:25配信

東スポWeb

 DeNAの山崎康晃投手(26)が7日、横浜の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1億円増の年俸2億5000万円でサインした。「ハマの守護神」として今季は2勝4敗37セーブ、防御率2・72をマーク。安定した数字を残し、初のセーブ王に輝いた点も高い評価につながった。

 それでも人一倍、責任感の強い右腕はチームが4位に沈んだことで「悔しさを忘れることなく最後まで順位を争ったが、残念な形で終わった。悔しさの残るシーズン。今年は(自分に)4敗ついているが、その4敗の重さを痛感させられた」と反省の弁を口にすることも忘れなかった。

 今オフの契約更改ではチーム主砲の筒香が球団側に将来的なメジャーリーグ挑戦の希望を伝えた。自身も侍ジャパンの守護神として今年11月の日米野球で好投し、MLB側から高い能力を絶賛されている。しかしながら「(メジャーには)非常に興味はあります。夢に対する明確な目標を持ちながら戦ってきているので。でもやっぱりベイスターズが日本一になってから」と語るにとどめ、夢は一時“封印”。来季のリーグV、そして日本一に心血を注ぐ決意を改めて示した。

「まだまだ力不足だったなと思っている。1年通して投げる絶対的守護神というのは2年目以降、確認できた目標。9回に山崎康晃が上がった時点で相手の諦めがつく。そんな雰囲気を持った投手になっていきたい」

 どこまでもストイックな「ハマの守護神」が来季もさらに飛躍する。

(金額は推定)

最終更新:12/7(金) 19:25
東スポWeb

あなたにおすすめの記事