ここから本文です

岩手競馬、追加融資せず 県が答弁、赤字見通しでも

12/8(土) 7:55配信

産経新聞

 岩手競馬で出走馬から相次いで禁止薬物のボルデノン(筋肉増強剤)が検出された問題で、県は7日、競馬事業の存続条件「単年度収支の均衡」が達成できない見通しになっても、赤字解消のため県競馬組合(管理者・達増拓也知事)に融資する考えのないことを示した。県議会農林水産委員会で答弁した。

 同組合は平成18年度に、多額の累積赤字を解消するため、単年度収支で赤字にならないことを条件に県と盛岡市、奥州市から計330億円の融資を受けた。

 この日の同委員会では、神崎浩之県議(自民ク)が「収支均衡が図られない場合、構成団体からの再融資はありうるか」と質問。上田幹也農林水産部長は「赤字を出さないということで取り組んでおり、全く考えていない」と答えた。

 同組合は禁止薬物陽性馬の相次ぐ発生を受け、これまで9月22日と11月10~12日、17~19日のレースを中止。これについて県はレースを再開した11月24日から今月3日までの6日間の発売額が前年度同期比8・1%増の10億7600万円、今年度のこれまでの発売額が同12・6%増の283億8900万円と発表。「単年度収支の均衡」が図られるとの見通しを示した。

 委員会後、県競馬改革推進室の千葉義郎室長は「心配していたが、こういう数字が出て、ありがたい。ファンに感謝している」と語った。

最終更新:12/8(土) 7:55
産経新聞

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ