ここから本文です

設備投資が少なくても「次元の違う安定性を確保」――楽天・三木谷浩史社長と一問一答

12/7(金) 19:00配信

ITmedia Mobile

 既報の通り、楽天モバイルネットワーク(RMN)は12月7日、基地局の建設開始に先立って「安全祈願祭」を開催した。

【囲み取材に対応する三木谷社長】

 祈願祭の終了後、親会社である楽天の三木谷浩史社長が報道関係者の囲み取材に応じた。この記事では、その模様をお伝えする。

技術面でも新風を 価格戦略は「秘密」

―― いよいよ(基地局の)工事開始ということで、現在の心境と、携帯事業参入によって(携帯電話)業界や社会にどのような変化を与えたいか、改めて聞かせてください。

三木谷社長 現在、政府の方でもさまざまな形で携帯料金を下げようという動きがあると思います。楽天グループとしては、我々の技術力、革新的な新しいプラットフォームを構築することで、携帯電話業界に価格だけではなくて、技術的にも新風を吹き込みたいと思っています。

 その上でも、技術はもちろんですが“アンテナ”がないと携帯電話はつながりませんから、しっかり安全に建てていくというオペレーションを(これから)進めていくことになります。

 これから新しいステージに入ることになりますが、頑張っていきたいと思います。

―― (消費者としては)「つながりやすさ」や「価格」が気になる所だと思うのですが、どのようなプランをお考えでしょうか。

三木谷社長 すでに発表されていることではありますが、auさん(KDDI・沖縄セルラー電話)とのローミング合意がありますので、我々の基地局とお借りするauネットワークと合わせて、(サービス開始当初から)基本的に他社と同様に全国でつながります。我々のネットワークにつながる所については、他社と同等かそれ以上のネットワークスピード(通信速度)を実現できるのではないかと思っています。

 価格については、弊社の戦略上、秘密にしておきたいので、コメントは差し控えさせてください。

―― NTTドコモの値下げ(宣言)は脅威になりますか。

三木谷社長 他社の動向も含めて、コメントは差し控えたいと思います。

1/2ページ

最終更新:12/7(金) 19:00
ITmedia Mobile

あなたにおすすめの記事